男のエプロン:Leeのデニムエプロン

Leeのデニムエプロン

実は料理が好きで、私はLeeのデニムエプロンを愛用しています。

男のエプロンが流行の兆し?!

最近、ツイッターのフォロワーさん界隈でエプロンが話題になっています。今の世の中、男女関係なく料理をする時代です。男もかっこいいエプロンを使ってモチベーションを上げていきましょう。

ちゃん貴さん、ミニマログさんは、PRSN BLUというエプロンを愛用されているようですね。アメリカのオレゴン州にある刑務所で作られたエプロンだそうです。かっこいい。

男がハマるワークエプロン!迷ったらプリズンブルースを買っとけ!!

まだまだ厳しい残暑が続いていますが、皆様体調は崩されていませんでしょうか。ちゃん貴(@butsuyokukaisho )です。 さて、気が付けばもう10月がすぐソコまで見え隠れ。ボチボチと各局の秋ドラマも始まろうとしていますが、思い返せば『逃げ恥』が2016年の秋ドラマという事で3年前ですか。 いやはや、年々タイム感がバグってきているのか、全然そんな気がしないわwww …

ミニマリストの部屋(ルームツアー)

今住んでいる家を写真で紹介します。 色々と試行錯誤しながら、今の部屋の形に落ちつきました。 都内の1Kの賃貸でそれほど広くはない部屋ですが、そこそこ快適に暮らせています。 作業に集中するときはスタンディングデスク、リラックスしたいときはBKFチェア、というように使い分けて、部屋の中でもON・OFFを切り替えられるように工夫しています。 …

Leeのデニムエプロン

Leeのデニムエプロン
Leeのデニムエプロン

Leeといえば、みなさんご存知ですよね。1889年、アメリカはカンザスで創業した老舗デニムブランドです。

安いし、Leeならいいやって感じであまり考えず選んだエプロンです。改めてディテールをチェックすると納得。こだわらずに選んだ結果がこちらです。

こだわらない結果

Leeのデニムエプロン
Leeのデニムエプロン

ベトナム製

製造はベトナムです。ベトナムは関税が優遇(安くなる)される特恵適用国にリストされています。しっかりコストカットしていますね。まぁ、安く買えたから良いんですけどね。

Leeのライセンス品

タグには商標はLee社のものですって表記してあります。ライセンス品、つまりLeeの名前を借りて別の会社が作ってるということですね。ライセンス品でもLeeであることは同じです、と自分に言い聞かせます。

すこし雑

タグがすこし斜め
タグがすこし斜め

写真では少しわかりづらいですが、ブランドタグが斜めになっています笑。これはこれで愛嬌ありますよね。他はそこまで縫製がひどいということはなさそうです。

名入れ刺繍にはこだわりました

唯一こだわったのは、刺繍してもらえる点です。ちゃんと自分の名前を刺繍してもらっておきました。これだけでも、わりと愛着湧いてくるんですよ。

ネーム刺繍
ネーム刺繍

さいごに

まさかブログで紹介するときが来るとは思いませんでした笑。あんまりこだわって選んでないんですが、Leeだし、デニムエプロン可愛いし、ポケットも便利だし、特に不満点もないので使えなくなるまで使い倒します。

Leeのデニムエプロン
Leeのデニムエプロン
Share