ジャックデュラン ミニマルでユニークなフランスメガネ

サインしてくれるジャックデュラン氏

ジャックデュランはフランスのメガネブランドです。この記事ではジャックデュランをご紹介します。

日本では坂本龍一さんがいつもジャックデュランをかけていることで有名ですよね。海外ではスパイク・リー監督も愛用しています。

オスカー授賞式でのスパイク・リー監督

ジャックデュランについて

ジャックデュラン氏とお会いした話

突然の連絡だったので部屋着で申し訳ない
突然のジャック氏来店の連絡だったので部屋着で申し訳ない私

私は機会に恵まれて、ジャックデュラン氏とお会いすることができました。彼に英語で話しかけたのですが、英語は離せないらしく、通訳の方を通してお話ができました。かつてフランス語を学んだことがあったのに、こういった場面では「ボンジュール」くらいしか使えず、本当に残念でした。

ジャックデュラン氏は職人っぽく、最初は人見知りな感じもしました。私が「あなたの大ファンなんです!」と何度も伝えると、ようやく笑顔で会話をしてくれるようになりました。

サインしてくれるジャックデュラン氏
サインしてくれるジャックデュラン氏

会話の最中に、突然「何かとがったものはないか?」と仰って、私のジャックデュランのメガネに直接、彼のサインを彫ってくれました。これは嬉しかったですね。メガネの箱にもサインをしてもらいました。少しシャイだけど、とても優しい方なのだなと感じました。

ジャックデュラン氏の手彫りサイン
ジャックデュラン氏の手彫りサイン

ジャックデュランのブランドヒストリー

彼は元々、アランミクリのスタルクアイズでプロダクトマネージャーとして活躍していたそうです。その後、自動車メーカーであるブラガッティのアイウェア部門で仕事をし、2009年の9月に彼自身のブランド「ジャックデュラン」を立ち上げました。

ジャックデュランのメガネ

ジャックデュランはアセテートセルを使ったメガネが得意で、ジャックデュランの独特な形状と、華やかなカラーが個性的です。仕上げにブラッシングをすることでマット加工にしていたり、一般的にテンプルの横にモデル名の刻印を入れるところを、テンプルの下に入れていたりと、ジャックデュラン氏のこだわりが凝縮されています。

刻印はテンプルの横ではなく下部にある
刻印はテンプルの横ではなく下部にある

ジャックマリーマージュのメガネはとても立体的なデザインですが、ジャックデュランは平面的なデザインです。これもまた面白くて、ここまで平面的な形状にこだわると、むしろそれが美しさとなるのですよね。もちろん、ジャックデュラン氏が計算した平面的な美しい形状なのでしょう。

ジャックマリーマージュについてはこちら

ジャックマリーマージュのメガネの魅力: – 茶本悠介のブログ ファッショントーク

ジャックデュランのメガネは基本的にフランス、一部はイタリアで製造されています。どこの提携工場で製造しているかはすべて公表することでトレーサビリティーを追求したりと、他のブランドでは考えられないことをしています。

単色のモデルが多い中、前面と背面で異なる生地を使ったフレームも作っています。これは、ジャックデュラン氏にお会いしたとき、彼が身につけていたメガネでした。奥行きのあるデザインは上品で素敵でした。

ジャックデュランの人気モデル

Paques

ジャックデュランの代表モデルといえばこちらでしょう。坂本龍一氏がかけていることでも有名なモデルです。一見、シンプルなボストンシェイプですが、ブリッジ部分の鍵穴のような形状が魅せてくれますね。ミニマルなデザインだからこそ、こういったところの遊び心が人気な理由でしょう。

Praslin

クラウンパントのPraslinです。上の画像はヴィヴィッドカラーですが、他のモデルと同様にブラックやブラウン、デミなどもありますので安心してください。クラウンパントはトレンドの形状で、各社販売していますが、ジャックデュランの提案するクラウンパントはPaquesと同様に縁の厚みがあり、個性的ですね。私も愛用しています。最初はPaquesを買うつもりでいましたが、結局こちらのPraslinを購入しました。

YouTubeに動画もアップしています。

Capraia

Capraiaはご覧の通り、かなり個性的な形状のメガネフレームです。こちらもスパイク・リー監督が愛用しているのを見て購入してしまいました。カラフルな色味のものだと普段使いはかなり難しいですが、透明の生地を使うことで割と気兼ねなく使えています。それでも友人と飲んでいると、2時間くらい経ってから「あれ?そのメガネまたすごいカタチですね?」と言われたりしましたが笑。

ジャックから茶本さんへの刻印
ジャックから茶本さんへの刻印

こちらは、ジャックデュラン氏にお会いしたときにオーダーしたので、フランス語で「茶本さんへ」と刻印してもらっています。

こちらも動画でご紹介しています。

ジャックデュランの取り扱い店

大阪だとこのあたりですね

OBJ OSAKA

OBJ OSAKA

大阪市西区北堀江1丁目9-14
TEL:06-6533-0066
OPEN 11:00~20:00

Parts

Parts osaka パーツ 眼鏡 大阪市
Share