海外旅行に持っていくものリスト:南国編

スーツケースに入った荷物

海外旅行に持って行くものをリストアップしてみました。

海外旅行へ行く前、忘れ物がないか心配になりませんか?南国へ行くときに必要なものをリストアップしたので参考にしてみてください。私は明日からインドネシアへ渡航しますので、今回は南国編ということでまとめてみたいと思います。

絶対必須アイテム

パスポート

パスポートと3 Quatersのパスポートケース

これは海外渡航には必須ですね。海外へ行くどころか、日本を出国することすらできません。

クレジットカード

JALのクレジットカード

私は基本的にキャッシュレスで海外へ渡航します。現地のATMで最低限のキャッシュを引き出し、なるべく支払いはクレジットカードを使用します。その方が、後からいくら使ったか明確に記録が残りますので、税務処理が楽になるからです。もちろん、スリなどの盗難にあっても、キャッシュよりはクレジットカードの方が安全です。

あと、私はJALカードを使っているのでマイルが貯まったらまた海外へ行けますし笑。

必須アイテム

スーツケース

サムソナイト グラヴィトン 機内持ち込みサイズ
サムソナイト グラヴィトン 機内持ち込みサイズ

スーツケースなしで、バックパッカーという選択肢もあるかもしれませんが、私はやっぱりスーツケースの方が楽だと思います。

私が愛用しているスーツケースはサムソナイトの機内持ち込みサイズのものです。基本的に荷物は全て機内に持ち込みます。バッゲージクレームで荷物が出てくる時間がもったいないというのと、預けてしまうと紛失や盗難など面倒なことがあるためです。海外の空港だと、荷物の扱いが雑なことも多いですしね。

衣類

トップスや下着は3日分、パンツは予備1枚

着替えは3日分
着替えは3日分

着替えの衣類(トップスと下着)は3日分、予備のパンツは1枚と決めています。なるべく現地で洗濯して、荷物を減らすようにしています。やはり荷物がかさばってしまうと、移動が大変になってしまいますからね。

しかも今回は南国ということなので、衣類もかさばりません!これは最高ですね。

圧縮袋

あると便利な圧縮袋
あると便利な圧縮袋

圧縮袋はあると便利です。特に下着はこれに入れてまとめてしまいます。実は、収納ポケットが2つあるので、使用前のものと使用後のものを分別することもできるので、旅先でも重宝します。

裏表に収納できるポケットが1つずつある
裏表に収納できるポケットが1つずつある
もちろん、圧縮してコンパクトになる。
もちろん、圧縮してコンパクトになる。

部屋着

スウェットハーフパンツと、半袖パーカー

荷物は減らしたいけど、意外と重要だと思うのが部屋着です。良いホテルに泊まれば、ガウンが用意してあったりするのですが、それでもこの「部屋着」というのはとても便利です。

寝るときはもちろん、ドミトリーなどに泊まっていてもこの服で自由に過ごせるし、ちょっとホテルの外へ水を買いに行くというようなときにも部屋着で出て行けます。

水着とビーチサンダル

パタゴニアの水着

やはり南国へ行くのですから、水着とビーチサンダルは欲しいですよね。観光旅行でも、たとえ仕事での渡航であっても、やはりビーチやプールに入る機会はありますから笑。

とはいえ、ビーチサンダルを持って行くかは少し迷っています。インドネシアなら現地で激安で売っているでしょうから、わざわざ持って行く必要はなさそうです。

移動用のバッグ

3 Quarters James リュック

移動用のバッグは必要でしょう。毎回スーツケースを持ち歩いていたら大変ですからね。私はカメラ機材を持ち歩くので大きめのリュックですが、そうでなければもう少し小さいものでも、ウエストポーチぐらいでも十分だと思います。

3 Quarters アテネ発 バルコニー屋根の端切れを使ったハンドメイド アップサイクル バッグ – HUMMING BAGS BLOG

旅行用の財布

無印良品の安っぽい財布

旅行用の財布はなるべく安っぽいものをあえて選んでいます。お金をもってなさそうな方がスリに遭うリスクが減りそうです。そして必ずケーブルでパンツのベルトループに止めています。これもやはり防犯対策です。

ただ、今まで一度もスリとかボッタクリのような被害にあったことがないので、効果がいまいちわかりません。抑止力が働いていると楽観的に考えることにします。

あると便利なもの

カメラ

ニコンの一眼レフと交換レンズ、三脚、無線レリーズ

カメラは必要ないと思います笑。今の時代、スマホで十分にきれいに撮れますからね(この写真だってiPhoneで撮ってます)。ただ、私の場合は仕事のために持って行きます。荷物の総重量の3割くらいはこのカメラです。

SIMカードと、SIMフリーのスマホ

SIMカード
SIMカード

SIMカードは現地で購入しても良いのですが、最近は渡航前にAmazonで購入しています。タイミングにもよるのですが、現地の空港でSIMカードを買おうとすると、けっこう待たされてしまうことがあるんですよね。それなら、フライト中の暇なタイミングでスマホにSIMカード入れ替えておけば、着陸と同時にネットが使えます。

スマホでネットが使えれば、UBERのような配車アプリを使えるので、空港からホテルへの移動も安心で楽です。

充電ケーブル関係

カメラやスマホの充電器
カメラやスマホの充電器

カメラやスマホを持って行くなら、充電器や充電ケーブルは必須ですよね。私はエレコムのポーチに入れて持ち運んでいます。小さいポケットがいくつもあって、スッキリと収納できるので旅行に限らず普段から重宝しています。

エレコムのポーチ
エレコムのポーチ

コンセント変換プラグと延長コード

コンセント変換プラグと延長コード
コンセント変換プラグと延長コード

海外へ渡航するとなると、やはりコンセントの形状が異なってしまうことが多いです。特に複数都市を移動する場合は、渡航先によってコンセントの形状が違ってきたりするので、ひとつで世界中のコンセントに対応するものを持っておくと便利です。

私が愛用しているこの黄色い変換プラグは、USBポートも2つついているので便利です。

そして、まるで同じシリーズじゃないのかと思うほどピッタリなイエローの延長コードは偶然の産物です。私は電源ケーブル関係はイエローやレッドなどの目立つ色を選びがちなので、たまたまイエローが揃ってしまいました。なぜ目立つ色にするかというと、旅先でバッグの中から探しやすいからです。

筆記用具

筆記用具

これはなくても問題ありません。あったら安心くらいに考えています。

ペンを使う機会は、おそらく機内で出入国カードなどの記載が必要なときくらいでしょう。持ってなくても誰かに借りましょう。また、道がわからないとき、市場で値段交渉するとき、一昔前なら必須に近かったと思いますが、今の時代はスマホで解決します。Google翻訳とGoogle Mapの方が役に立つでしょう。

他には、メガネ用の工具と、時計用の工具、あとマイクロUSBケーブルも普段から一緒に持ち歩いています。時計用の工具は意外と便利で、SIMカードを入れ替えるときにも使えます。普通はクリップで十分ですが笑。

メッシュのペンケース
メッシュのペンケース

そして、このメッシュのペンケースはかなり前から愛用しています。中身が一目瞭然なんですよね。だから、すぐに必要なものを取り出すことができます。

サングラス

サングラス DITA STATESMAN THREE

サングラスも必要ないです。なくて困ったことがありません。でも、南国に行くならやっぱりかけたいじゃないですか!気分を盛り上げるために私は持って行きたいです笑。

サンクトペテルブルクのドストエフスキー博物館で買った、ドストエフスキーのメガネ拭きも一緒に持って行きます。使わないんですが。

サンクトペテルブルクのドストエフスキー博物館で買ったメガネ拭き
サンクトペテルブルクのドストエフスキー博物館で買ったメガネ拭き

ひげそり、コスメ、歯ブラシなど

ブラウンのひげそり
ブラウンのひげそり

女性の場合は化粧品でしょうか。男の私はひげそりです。これも現地調達で良いかなと思うんですけどね。買いに行くの面倒なので持って行くことにしています。

歯ブラシは持って行きますね。現地調達したいところですが、ホテルに疲れて帰ってきて「歯ブラシ買ってくるの忘れた」となった経験がいままでに何度もあります。

ワイヤーと南京錠

サムソナイトのスーツケース
イエローのワイヤーと、南京錠

ワイヤーと南京錠、あまり使わないのですがあると便利です。一人旅が多いので、例えば空港でちょっとトイレへ行きたいけど荷物を動かすのが面倒だというときは、このワイヤーと南京錠でイスなどにロックしてトイレへ行けます。

また、ドミトリーなどに泊まるときは盗難防止につけてると良いかもですね。そもそも、盗られて困るようなものは常に携帯しておくべきですが。

BOSEのヘッドフォン

BOSE ワイヤレスヘッドフォン
BOSE ワイヤレスヘッドフォン

個人的にはマストアイテムです。一人旅なので移動中がとてつもなく暇なのです。

そして、このBOSEのワイヤレスヘッドフォンはノイズキャンセルが素晴らしく、移動中の騒がしいノイズを全部消してくれます。一人で静かに眠るためにはこれはマストです。

Bose QuietComfort 35 II ワイヤレス ヘッドフォンをドバイ空港で買ったお話 – HUMMING BAGS BLOG

さいごに

スーツケースにまとめるとこんな感じ。
スーツケースにまとめるとこんな感じ。

リストアップすると、けっこうなアイテム数だと思いましたが、機内持ち込みサイズのスーツケースに入れるとこんな感じです(カメラはリュックです)。まだ余裕が残っているくらいなので、現地で買い物をしても大丈夫そうですね。

忘れ物があれば、また追記していきます。

Share