エシュンブーツの魅力

私のエシュン

旅行用のブーツとして、エシュンを購入しましたのでご紹介します。

私のエシュンは現行品ではないGINGKOで、少し野暮ったさがあって可愛らしいフランス製のブーツです。

エシュンとは

エシェン創業時
エシュン創業時 エシュン創業時 www.heschung.com

1934年に創業した、フランスの靴ブランドです。

フランスの北部ヴォージュ地域、自然保護区がある北部アルザス地方に工場を構えています。この地域では動植物が保護されている自然豊かな地域です。1950年頃からスキーブーツの製造を始めます。レザー製スキーブーツの製造はエシュンが初めてと言われています。

エシュン創業時 www.heschung.com
エシュン創業時 www.heschung.com

1968年頃には競技用のスキーブーツの製造を行っており、同年1968年のグルノーブル冬季オリンピックでは、エシュンを履いたフランス人選手は9個のメダルを獲得しています。1972年の札幌冬季オリンピックでも8個のメダルを獲得しました。

エシュンのスキーブーツ www.heschung.com
エシュンのスキーブーツ www.heschung.com

1990年代、創業者の孫であるピエール・エシュンは、普段使いの靴として販売することを提案し、メンズとレディース靴のコレクションを発表しました。内羽根式、外羽根式、ローファー、ブーツ、アンクルブーツなどです。特にハイブーツでは、さまざまな素材や色の組み合わせで作られています。

Ateliers Heschung – Fabricant français de chaussures depuis 1934

エシュンの代表モデル GINKGO Uチップブーツ

エシュンのUチップブーツ GINGKGO
エシュンのUチップブーツ GINGKGO www.heschung.com

エシュンと言えば、やはりUチップのブーツであるGINKGOが一番最初に思いつきますね。

GINKGO

エシュンのUチップブーツ GINGKGO www.heschung.com
エシュンのUチップブーツ GINGKGO www.heschung.com

イチョウ(GINKGO)の名前が付けられた、このブーツはエシュンを象徴するブーツです。スキーブーツの開発ノウハウが最も引き継がれているブーツが、このGINKGOでしょうラバーソールに、防水性の高いスポルトロレザーを用い、リバースウェルト製法で作られています。だから、天候を気にする必要もなく、普段使いに最適ですね。

リバースウェルト製法については、リーガルのページに詳しく買いてありました。

リバースウェルトとは、基本的にはグッドイヤーウェルト製法と同じなのですが、「掬い縫い」の糸がL字型のウェルト(細革)の側面に見えている製法で、一般的には「ノルウィージャンウェルト」などと呼ばれているものです。チロリアンシューズなどでたまに見かける製法ですが、ウェルトをL字型にすることで水が浸入しにくくなっています。

リーガル https://www.regaltokyo.jp/

スポルトロレザー

エシュンのUチップブーツ GINGKGO www.heschung.com
エシュンのUチップブーツ GINGKGO www.heschung.com

スポルトロレザーはカーフレザーで、フランス語で防水という意味です。昔ながらの技術を使用して、ミネラルとベジタブルで二重染色されています。しなやかさと防水性、そして長年使用することで美しさが増すという特徴を備えています。

私のエシュン

初めての中古の靴

私のエシュン
私のエシュン

私は靴は必ず新品で購入するというポリシーがありました。このポリシーを設定したのは15年くらい前です。

やはり、履きシワは自分で入れたいし、衛生面も少し気になるということでした。しかし、靴屋さんで試着させてもらって購入する際、他の方が試着してすでに少しシワが入っていることもありますよね。衛生面でも、以前は少し潔癖気味なところがありましたが、いろんな国に行くことが増えてあんまり気にすることがなくなってしまいました。

それでも、あえて中古の靴を買うということはなかったのですが、今回エシュンの現行モデルではない(おそらく)GINGKOを見つけて、その野暮ったさに惚れてしまい、購入に至りました

現行のGINGKOほどスタイリッシュではない

私のエシュン
スクエア気味のUチップ
アッパーはなだらかな傾斜になっている
アッパーはなだらかな傾斜になっている

現行のGINGKOは、スタイリッシュです。Uチップの形状も美しい弧を描いており、アッパーも少しふくらみがあります。また、スエードとスムースレザーのコンビは特徴的です。ステッチはレザーに合わせた色糸を使っています。

私が購入したモデルでは、Uチップの形状はややスクエア気味になっており、アッパーはふくらみがなくなだらかに傾斜しています。特徴的なコンビではなく、すべてがスムースレザーであり、ステッチはダークブラウンに対して白糸を使っています。

正直、少し野暮ったい感じがするのですが、これがまたフランスらしいデザインで私のツボに入りました。

頭の片隅にずっとあったエシュン

私はエシュンをの購入を一度検討したことがありましたが、そのときは結局トレーディングポスト別注のユニオン靴を購入しました。それでもやはり、エシュンは私にとって憧れの一足であったようです。ずっと頭の片隅にエシュンがありました。

そのときの記事はこちら

国産靴の魅力:トレーディングポスト Uチップ ユニオン靴製 – HUMMING BAGS BLOG

トレーディングポストで購入した、Uチップです。 一般的なUチップよりも、U字の部分が広めにとってあるのがポイントですね。フランス靴のエシュンっぽい印象もあります。 エシュンが欲しいなとトレーディングポストを見に行ったとき、意外とエシュンのソールがごつくて迷ったんですよね。そのときに、ちょうど別の靴が目にとまりました。 トレーディングポストのプライベートブランドとして販売されている靴ですが、ユニオン靴が製造しているとのこと。

徹底的にメンテナンス

私のエシュン
私のエシュン

某オークションサイトで購入したのですが、コンディションは良いものの、しばらくメンテナンスされていなかったようです。そこで、徹底的にメンテナンスをしてあげました。ブラッシングをして、クリーナーで汚れを除去し、クリームで保湿、その後にやわらかい布で乾拭きをしてあげました。この靴はワックスを入れずに、使っていきたいなと考えています。

付属の靴ひもがダサい

私のエシュン 靴ひもは要交換
私のエシュン 靴ひもは要交換

アッパーのダメージもほとんどなく、ソールも交換済みなのか新品の状態ですが、いかんせん靴ひもがダサいのですよね。触った感じから推測すると、おそらくポリエステル製の安い社外品でしょう。これは交換がマストだと考えています。

旅行用の靴としてエシュンのブーツを選んだ理由

初代旅行用ブーツ:トリッカーズ

私はこれまで、旅行用のブーツとしてトリッカーズのカントリーブーツを使っていました。ブーツは短靴よりも靴ひもの調整ができる分、歩きやすいと私は感じています。また、トリッカーズの堅牢性の高さは旅行用として良い選択だったと思います。しかし、台南で連日の大雨の中を旅行したとき、トリッカーズは浸水してしまい、毎日冷たいトリッカーズを履く羽目になってしまいました。そこで、防水性がもう少し高いブーツに交換することを検討したのです。

トリッカーズ カントリーブーツ ストウ 18年間 砂漠やビーチ、大雨の中でも共にした現役英国靴 – HUMMING BAGS BLOG

二代目旅行用ブーツ:L.L. Bean ビーンブーツ

防水性を最優先で考えたとき、目に止まったのがL.L. Beanのビーンブーツでした。ソールだけではなく、アッパーもラバーで覆われていて、完全な防水を実現しています。しばらくこのブーツを使っていたのですが、上部のレザー部分が想像以上に経年変化しないので、あまり愛着が持てずにいました。L.L. Beanの店頭に並んでいる経年変化したブーツはいったい、どのように作られているのか本当に不思議です。製造時期でレザーの質が違うのではないのかと疑っています。

L.L.Bean ビーンブーツ 大雨でもへっちゃらの防水ブーツ – HUMMING BAGS BLOG

三代目旅行用ブーツ:エシュン

そこで、三代目として抜擢されたのが、エシュンでした。元来はスキーブーツであったことが決め手で、その防水性に期待しています。リバースウェルト製法によって、どれぐらい防水性が高まるのかは使ってみないとわかりませんが、楽しみにしています。もちろん、ラバーソールであることも旅行用としては心強いですね。

防水性の高そうなソール
防水性の高そうなソール

さいごに

今年は昨年ほどは旅行に行けないとは思いますが、フランスへいく用事があります。フランスへエシュンを履いていくのは心躍りますね。

Share