オールデンのタッセル ウィングチップ ローファーの魅力

タッセルローファーの房飾り

オールデンのタッセル ウィングチップ ローファー、ブルックスブラザーズの別注品です。先日、オールデン コインローファーをご紹介したので、こちらもご紹介します。

オールデンについて

オールデンは1884年に創業されたアメリカの靴ブランドです。マサチューセッツ州ミドルボローで、チャールズ・オールデンによって設立されました。オールデンの歴史については、詳しくこちらの記事に書いていますので、ぜひこちらもご覧くださいね。

オールデンのコードバンローファー – 茶本悠介のブログ ファッショントーク

タッセルローファーとは

タッセルローファーの歴史はまだ浅く、第二次世界大戦後のアメリカで発明されました。オールデンが最初に生産したと言われています。房飾りが特徴的です。

発売当時、ブルックスブラザーズがタッセルローファーを販売したところ、プレッピースタイルとして学生の間で人気がありました。また、弁護士や銀行マン、株式のブローカーにも人気のあった靴として知られています。40歳未満の若い成功者が履く靴というイメージがあるようです。もちろん、実際にはどんな年齢であろうと履いちゃってかまわないでしょう。

また、最近はビジネスシーンでもスニーカーが許される時代です。たとえスニーカーがNGな職場でも、タッセルローファーなら大丈夫でしょう。

ウィングチップとは

ウィングチップは(厳密には違うようですが)フルブローグとも呼ばれています。前面にW字が入った切り返しがあり、切り返し部分にブローギングと呼ばれる穴飾りがあります。また、つま先にはメダリオンと呼ばれる穴飾りがあるのも特徴的です。本来、このブローグは靴が濡れたとき、靴の乾燥を早めることが目的であったそうです。

ウィングチップはカジュアルな靴ですので、フォーマルなシーンではふさわしくないかもしれません。しかし、昨今のビジネスシーンでは1,000円くらいのボロボロになったネクタイを身につけているビジネスマンが多数いる中で、ウィングチップがNGと言われる理由があるのでしょうか?

オールデン タッセル ウィングチップ ローファー

羽根飾りが素敵

オールデン タッセル ウィングチップ ローファー
オールデン タッセル ウィングチップ ローファー

メダリオンや羽根飾り(キルト)が素敵ですね。それにしても、私はウィングチップ が大好きなようです。改めて確認したところ、所有している靴の半分がウィングチップなのでした。羽根飾りがついているモデルはこの靴のみですが。

羽根飾りは別売で買えたりもしますが、どうも取ってつけた感じがしてなかなか手を出していなかったのです。しかし、このタッセルローファーの場合は最初から組み込まれているので、取ってつけた感じもなく、全体としてのまとまりがありますね。

タッセルならではの房飾り

タッセルローファーの房飾り
タッセルローファーの房飾り

タッセルローファーならではの房飾り(タッセル)に、羽根飾り、ウィングチップとメダリオンの装飾が相まって、とても華やかな印象のある靴です。スリッポンタイプでカジュアル靴なのに、こんなに華やかな雰囲気が出せてしまうのですね。楽しい靴です。

メダリオンも美しい

メダリオンも美しい
メダリオンも美しい

メダリオンのデザインは、メーカーごとに違っていて面白いですよね。トリッカーズなんかは大きめな穴が装飾されていますが、オールデンのこのタッセルローファーには、小さめの穴が並んでいます。大きめの穴が3つと、その周りにゆりの紋章のようにメダリオンが飾られています。

トリッカーズの魅力はこちらの記事に書いています。

トリッカーズがダサい?カントリーブーツ モールトン ストウの魅力 – 茶本悠介のブログ ファッショントーク

ブローギング

オールデンタッセルローファーのヒール
オールデンタッセルローファーのヒール

もちろんヒール部分にもブローギング(切り返し部分の穴飾り)が施されています。後ろから見ても美しいですね。どの角度から見ても「かっこいいな」と思える素敵なタッセルローファーです。

どの角度から見ても美しい
どの角度から見ても美しい

さいごに

オールデンは良い仕事していますね。先日ご紹介したコードバン ローファーも素敵ですが、こちらのタッセルウィングチップ も素晴らしい仕上がりです。トリッカーズ大ファンですが、最近はオールデンの魅力に取り憑かれつつありますね。

Share